煙草によってノルアドレナリンの増加に禁煙補助剤

不安神経症という症状は、恐怖を感じたときにノルアドレナリンというホルモンの分泌が行われて、過剰に分泌されたノルアドレナリンによって心拍数が上昇することが原因とされています。
不安神経症を悪化させてしまう原因としては、たばこや酒の影響によってノルアドレナリンが増加してしまうことが挙げられます。
たばこに含まれているニコチンや、お酒に含まれているアルコールには、脳内でドーパミンを放出させる作用があります。
ドーパミンは神経伝達物質の一種で、快楽物質とも呼ばれています。
たばこやお酒に依存してしまうことで、ドーパミンの放出量が多くなってしまい、その状態に慣れてしまうことで、通常時に不足していると体が錯覚してしまいます。
そのために神経症などの症状があらわれてしまいますので、禁煙することが大切になります。
現在では各自治体の医療機関において、禁煙外来の設置が進んでおり、保険の適用によって禁煙治療を受けることができます。
従来までのニコチン製剤を使った治療法の他にも、禁煙補助剤のチャンピックスによる治療も行われています。
禁煙補助剤のチャンピックスは厚生労働省によって認可を受けており、世界中で使用されている医薬品です。
チャンピックスには禁煙時における離脱症状である、たばこへの切望感や吐き気、眠気、頭痛などの症状を緩和させる効果があります。
禁煙を挫折してしまう多くの人は、離脱症状が原因と考えられますので、その症状を和らげる効果がある禁煙補助剤のチャンピックスを服用すれば、禁煙を成功させる確率を上げることができます。
禁煙補助剤の服用による治療で効果を得るためには、3か月間の継続的な治療を行う必要があります。